前へ
次へ

食には年齢とともにこだわった方が良い

若い頃はあまり食にこだわりを持っていませんでした。母が作ってくれたものをそのまま受け入れていただけです。しかし、一人暮らしをするようになり、年齢をかさねていくうちに、自分で自分の健康を考えなくてはいけないと思うようになったのです。そのきっかけとなったのは健康診断を受けたことも関係しています。若い頃は健康優良児といった結果が出ていましたが、30代になってからというもの、少しずつ数値に変化が見られるようになってきたのです。これは年齢によるものもありますが、明らかに生活習慣が関係していると分かりました。不規則な生活を送っていると、どうしても数値にあらわれてくるものです。それからというもの、栄養バランスを考えるようになりました。また、カロリーを気にするようにもなりました。食べたいものを好きなだけ食べるという生活は良くありません。カロリー制限をしつつ、栄養バランスも踏まえたメニューを考えることは当然のことと言えます。

Page Top