前へ
次へ

野菜が苦手なお子さんに美味しく食べさせるコツ

健康のために野菜をたくさん食べてほしいのに、好き嫌いがあって野菜を残してしまうお子さんに困っている親御さんは少なくありません。そんなときは、料理をするときにちょっとした工夫をすれば、お子さんに気付かれることなく、野菜をたっぷり食べさせることができます。たとえば、にんじんが苦手なお子さんには、すりおろして料理に加えてしまいましょう。一本丸ごとすりおろしたにんじんをカレーに加えてしまえば、無理なく野菜を食べさせることができます。また、お好み焼きを作るときに野菜をプラスするのもよい方法です。お好み焼きは濃い味のソースをつけるため、苦手な野菜が入っていてもソースの味でごまかされてしまい、すんなりと食べてくれるようです。野菜が不足するとどうしても栄養が偏ってしまい、健康な体を維持するのが難しくなってしまいます。お子さんが小さいうちはちょっとした工夫をしながら、できるだけたくさんの野菜を料理にプラスすることを意識するとよいでしょう。

Page Top