加齢だけが肌荒れの原因ではない

美容

加齢だけが肌荒れの原因ではない

肌荒れの原因は皮膚のキメが乱れてトラブルになっている状態です。
赤くなったり、かゆみが出たり、カサカサになっているなどです。
表皮内になる水分量が減ってしまって肌荒れが起きてしまいます。
皮脂の過剰分泌も肌荒れの原因です。
一般的には加齢とともに皮膚の表面にある潤いを保つ皮脂の分泌量が減少してきて皮膚が乾燥してきます。
乾燥によって肌を守るバリア機能が低下して、外からの刺激に敏感になってしまいます。
年齢が若くてもターンオーバーが乱れると古い角質がはがれにくくなり、肌細胞が生まれ変わることが遅れてしまいます。
ターンオーバーの乱れは、皮膚を守るバリア機能が低下して外的刺激となる紫外線や乾燥などに負けてしまいます。
ターンオーバーの乱れの原因は血行不良や腸内環境の悪化から有害物質が発生してしまうことが原因です。
偏った食生活や睡眠不足、ストレスなど生活環境の乱れやホルモンバランスの乱れなども肌荒れの原因です。
スキンケアの勘違いにも肌荒れの原因となります。

最新記事