シミ取りレーザーの施術を受けた時には肌を休ませる

美容

シミ取りレーザーの施術を受けた時には肌を休ませる

シミ取りをするためにレーザーの施術をしたあとには肌を休ませる期間が必要です。
肌を休ませる期間はダウンタイムと呼ばれ、施術後に敏感になっている肌は刺激に弱い状態です。
肌を守るためにも気をつけることがあります。
施術後はクリニックにて患部に肌を刺激から守るためにガーゼや肌色のテープを貼ります。
見た目が悪いからとクリニックを出た後に剥がしてしまうこともありますが、肌を休ませるためにガーゼやテープを貼っているため肌が休むことができません。
ダウンタイムに無理に剥がすことはNGです。
施術後にはクリニックで薬が出ますが、症状がなくても自己判断せずに処方された薬はしっかり使います。
ダウンタイムには肌のバリア機能が低下しています。
ちょっとした刺激も肌は炎症してしまいます。
特に紫外線は肌にダメージを与えてしまうため、ダウンタイム中は出来る限り屋外での行動は避けるようにします。
汗をかいてタオルで拭いても患部が染みてしまうことがあるため、ダウンタイムの期間は汗を大量に出てしまう運動やサウナは避けます。
入浴や洗顔は普通にできますが、洗顔は施術後24時間程度は軽く拭く程度にしておきます。
メイクはどうしても必要なことが多い女性は自己判断せずに医師に相談してから行います。

最新記事