前へ
次へ

甘み抜群ふわふわ食感の春キャベツの千切り

みずみずしい緑の葉物野菜も充実をする春は、柔らかくあまり春キャベツも味わえる時期です。シャキシャキの千切りキャベツの甘さも、春キャベツならではであり、気温も温かくなってくるので千切りキャベツの登場も多くなります。旬を迎えてキャベツは歯ごたえも柔らかいですが、お総菜やお店で食べるキャベツは柔らかいのに、なぜか自宅で作る千切りはかたいことがあって不思議です。実はふんわりしたキャベツの千切りにするのはコツがあって、誰でもできる簡単な方法として、スライサーを使うことができます。洗ったキャベツは半分に切り、スライサを使ってカットするだけです。100円均一でも販売しているスライサーを使うだけで、ふんわり柔らかな千切りの完成です。甘みが感じられて食感もふわふわな千切りキャベツにするために、包丁で切る時に工夫をすることもできます。太い芯の部分は硬いのでかっとして落とし、葉部分を半分に切り繊維が横になるよう重ねて丸め細かくカット、ざるに入れて冷水入りボウルに1分つけて水切りしたら出来上がりです。

Page Top