脂肪が燃えるカラダになるためのリセット術

美容

脂肪が燃えるカラダになるためのリセット術

体幹が使えないカラダは肩が前に出て、動きが悪く、二の腕にも贅肉が定着しがちです。
おなかが常にポッコリと出てしまい、お尻は下がってサイズも大きく、太もももパンパンです。
体幹を使えないと骨盤が前後に傾き、使えている筋肉とそうでない筋肉が生じ、アンバランスなブススタイルになってしまいます。
体幹を使えるカラダはなまけていた筋肉が一斉に活性化するので、脂肪をどんどん燃焼していきます。
偏ったカラダの使い方を正して、体幹力を高めるには、骨盤、肋骨、背骨の順に整えていくことが大事です。
土台である骨盤は前傾または後傾しているものを床から垂直に立てられるように整え、前後バランスを改善します。
また、デスクワークや猫背などで下がってしまった肋骨を引き上げ呼吸を深めて代謝もアップさせながらウエストも引き締めていくことが大事です。
背骨は体幹を支える軸となるS字カーブを整えて、モデル姿勢・体形を維持できるカラダを作っていくといきます。
ただし、この方法はやりすぎは厳禁なので注意が必要です。

最新記事